文  化 東京港区 中国語サークル 北京倶楽部

上海' 上海
★★★★★


う~む。
現代の中国人になったつもりで見ると、なかなか考えさせられる、よくできた面白いドラマだと思いました。
主役の段奕宏が、律儀さと小ずるさ、英雄っぽさと意気地なさ、表裏両面を自然に演じて、人間ぽくチャーミングです。

2010年9月にオンエアされた上海を舞台にしたドラマ。
上海万博が成功裡に終盤を迎えようとしていた頃から11月にかけて放映されたようです。

1911年清朝が滅んだ辛亥革命中華民国の創立から、英国やフランスの租界下の20年代30年代、汪精衛の日本の傀儡政権の支配、そして長い抗日戦争のあげく国共の内戦・・・。1949年中華人民共和国成立前夜までの激動の上海滩を舞台に、幼馴染みの同級生、3人の志に燃える青年と1人の美しい女性の織りなす綾を横軸に、「時代」と「生きる」って何、現代中国の80后90后に投げかけるようなドラマです。

主人公に当たる幼馴染みの青年3人が、それぞれ、商売で名を挙げようとした刘恭正(段奕宏)、青帮(郷土同士互助組織からマフィアのような裏社会を牛耳るようになったもの)の頂点を目指した杜月笙のような人物顧业成吴秀波)、銀行家として最後まで国民党を支えることになる佟光夫赵铮)と配され、上海滩の時代性を巧みに物語ります。


さて、ストーリーですが、

1911年10月10日に起きた武昌起義を契機に、清朝の行方も幾ばくや・・・。
折りしもヨーロッパ留学を終えた事業家の跡継ぎ刘恭正と、その友人で革命の使命を負って帰国した佟光夫、さらに船上で知り合ったイギリス人青年丹顿が、それぞれに志に燃えて上海埠頭に降り立つ・・・。
でも埠頭で待ちかまえていたのは、革命主義者を取り締まる清朝政府の役人。機転を利かせた刘恭正が、とっさに友人佟光夫を救うために自分のパスポート持たせ、自ら彼の身替わりになり逮捕されまいます。でも、あわや斬首というところで、彼の幼馴染みで今は妓楼で芸を売る韩如冰左小青)が、清朝政府の高官で宦官の明公公に自らの身請けと引き換えに彼の命乞いをして、何とか首の一枚、助けられました。
このことがのちのち刘恭正韩如冰の愛の紆余曲折を招くことになります・・・。

時代は、ほどなく中華民国に。刘恭正は、明公公の死後莫大な遺産を相続した韩如冰の資金援助を得て波乱万丈ながらも、上海滩一の娯楽施設、大世界を築きあげていきます…。
銀行を起こして恐慌に頓挫し全財産を失ったり、青帮のボスになった幼馴染み顧业成の力をバックに賭場を開いて違法すれすれの金儲けに走ったり・・・。彼の成功と失敗には、いつも韩如冰が影響していました。彼を助けるのも韩如冰なら、挫かせるのも彼女。愛するがゆえの憎しみ・・・。
明公公との誓約で、韩如冰刘恭正の子供を生むことはできても結婚は許されませんでした。

さらに後半3/1は、上海滩の実業家として成功した刘恭正青帮のボスとして押しも押されぬ顔役になった顧业成、銀行家として蒋介石を支える佟光夫、この幼馴染み3人とその子供たちが、異なる視点から、いかにこの時代を生きたかを語ります。
何不自由なく成長したそれぞれの子供たちは、純粋無垢で、マルクスを読んで共産党に入党する者、商売で成功した自分の親を搾取する資本主義者だと忌みながら親子の愛情は絶ちがたい・・・。日本軍の横暴対する反感から抗日のために国民党軍に従軍する者や、国民党の漢奸暗殺計画に協力する者・も・・・。
世間の荒波を渡り歩いてきた親世代と異なり、私欲よりも理想に生きようとする彼ら・・・。
時代の翻弄される生き方が無理なく理解できます…。


抗日の志を抱いて蒋介石軍に入隊した刘恭正の息子が父親との心のわだかまりが解けて言う言葉が
战争太残酷了, 政治又肮脏。这商业活动中虽然有尔虞我诈, 但相对来说干净多了。
(戦争は何て残酷なんだ、政治もまた汚い! それに比べたらこの商売の方が、そりゃあお互い多少の騙し合いはあるかもしれないけど、ずっときれいだよ。)
何だか、現在の社会主義政権下の市場主義を揶揄しているような台詞ではありますが・・・。

ドラマの中の主人公刘恭正を通したビジネス礼賛青帮(一種の裏社会)に依存せざる得なかった国民党蒋介石とその国民党に参加した上海人の愛国心に一定の理解を示し、現代中国の悩める姿が垣間見えるのも大変興味深い。視聴者は、もっと進んでいるはずです。スクリーンの向こう側が伺えるドラマでもあります。もちろん、共産党は悪く言ってませんけどね。



ドラマはフィクションですが、主人公刘恭正が創設した当時一世を風靡した遊技場「大世界」は実在し、近代から現代の上海を舞台にした小説、映画、エッセイなどに数多く登場しています。実際には杜月笙のような闇社会の暗躍する舞台でもありました。1949年の解放後は人民政府に接収、90年代までは上海を代表する観光地でした。上海万博の2010年8月、約7年に及ぶリニューアル工事を終え、再びオープンしています。また、地下鉄の駅名「大世界」としても残っています。
上海に行かれる折りには、是非覗いてみてください。
監督:

主演:

    
毛卫宁

段奕宏
左小青
吴秀波
赵铮
杜志国
王媛可 etc.
.