文  化 東京港区 中国語サークル 北京倶楽部

お盆の灯篭流しは、中元節(zhong yuan jie)だから“水”上に飾ります。
元宵節の灯篭は、“上元節(shang yua jie)”だから、“天”上に飾るんですって!



中元节放灯习俗

七月十五主要习俗为家家户户放水灯(也叫河灯或荷花灯),僧、道、俗皆有其传统。一般做成荷花瓣形,点上蜡烛,飘浮在河水之上,以普度孤魂,这也是“中元节”的由来。

(旧暦の7月15日、中元の日、、家々では灯篭流し<この灯篭を水灯、河灯、蓮花灯とも呼んでいます>をする伝統的風習があります。仏教、道教、民間の風習がいつの間にか混ざり合ったもののようです。蓮の花びらを模った船に蝋燭を灯して川面に浮かべ、彷徨う霊魂たちを済度へ導こうという意味合いがあるようです。)

農暦7月15日は、道教でいえば“中元节”、仏教でいえば盂兰盆节(yu lan pen jie)、民間の通称では“鬼节(gui jie)”と呼んで、いずれも故人や祖先を祭る節句です。

中国の言い伝えでは7月、地獄の大釜の口が開いて、あの世の鬼魂たちが現世に舞い戻って彷徨します。祭る子孫がある鬼魂は帰る処がありますが、子孫が途絶えてしまった鬼魂たちは往き場もなく街を徘徊します。この鬼魂たちが現世の人間に悪さをしないようにと、家々では祖先の鬼魂を祭るとともに、街を彷徨う無縁の鬼魂たちも同じように弔い済度を促す行事がそもそもの中元節です。
日本のいわゆる“
お中元”は、親しい人お世話になった方への贈答の意味合いが濃くなっていますが、本来は中国の北魏(386年~ 534年)時代に始まった道教の“中元节”の名残り。祖先を祭る“お盆”の風習は、中国の南北朝(420年~589年)時代に盛んになった仏教盂兰盆节”の名残りです。


道教の“中元节”だから、灯篭を川面に流すんです。
7月15日“中元節”の主な行事に、灯篭流しがありますが、これは道教の“中元節”の由来に起因しています。
道教では、年間3つのもっとも重要な行事があります。それが
◆正月15日上元——“元宵節”とも呼ばれる、福を呼ぶ節句です。
◆7月15日中元——上元とはうって変わって、亡き魂の罪を贖い、罪の減免と魂の安息を願う祭りです。
◆10月15日下元——人間誰しも過ちを犯すもの。そして、この日はその悪運を解く厄払いの祭りです。
そして、道教ではこの上元」「中元」「下元は、世界を司る大帝の誕生日だとされています。
上元は“元宵節”でもあり、活きている人間の祭り。中元は亡き魂のための祭り。道教では“活きている人間”は“”、“亡き魂”は“”に属します。
”に属する活きた人間を祝う「上元元宵节の灯篭は、大帝に捧げるものですから、軒先高く天に向けて飾られます。
引き換え、“”に属するあの世の魂の安息を願う「中元盂兰盆节の灯篭は、同じく“”に属する“水”の上を漂わすのだそうです。日本でも地方に残る、お盆の灯篭流しの風習には、こんな由来があったのですね。

仏教的には、7月15日は功徳成就の日。
《大蔵経》の記載によれば、7月15日は僧徒の功徳が円満成就する日とされ、したがって、「盂兰盆法会」を行ない、仏祖先の釈迦を祭るとされています。
盂兰盆(ullambana)」は梵語です。「盂兰」とは、いわば苦しい逆境のこと。「盆」は器のことです。つまり「盂兰盆」とは、地獄の苦しみから衆生が救われるように、盆にありとあらゆる果物など食べ物を満たし、お釈迦さまをお祭りするという意味です。

行事の起源は、遡ること中国南北朝時代、悪行を尽くした母親を解脱へと救い導いた目連という男に由来しているともいわれています。
目連の母親は素行が悪く、亡くなってから餓鬼と化します。これを知った目連は大いに心を痛め、法力を使っては地獄の母親に食べ物を届けました。でも、それも彼女が一旦口に運ぶや、とたん灰と化してしまうのです。その様子を見ていた釈迦牟尼仏は心を動かされ、目連に助言しました。「おまえ一人の力に頼らず、衆生みな力を合わせなさい。1年のうち7月、盆に百味五果を満たして僧侶に捧げるのです。この功徳により、母親も済度が叶うであろう」と。目連は助言に従い、仏に帰依し行事を広めることで、彼の母親もついに解脱を果たすことができました。